ゴーギャン

ゴーギャン

Add: jakiguc22 - Date: 2020-12-10 02:33:20 - Views: 3053 - Clicks: 277

1888年、ポン・タヴァンに戻ったゴーギャンは、『説教の後の幻影』↓を描き、ベルナールやラヴァルらとともに総合主義の様式を確立します。 40歳になっていた彼にはブルターニュの冬は厳しく、以前パリで知り合っていたゴッホからの「南仏アルルで共同生活をしよう」という招きに応じてアルルに向かいます。しかしよく知られているように、二人は性格や芸術感の違いから事あるごとに対立し、ゴッホの『耳切り事件』によってわずか2か月でアルルを去らざるをえませんでした。(近年の研究では耳を切ったのはゴッホ自身ではなく、激高したゴーギャンだという説も出ています) その後はパリとブルターニュを行ったり来たりしながら制作をしており、いくつかの傑作を描いていますが、未だ世間には認められず生活は苦しいままでした。 そんな1889年パリのカフェ・ヴォルピ二でエミール・シュフェネッケルと『印象主義及び総合主義グループの絵画』展を開きます。この時初めて「総合主義」という言葉が生まれました。 しかしゴーギャンはこの頃にはヨーロッパの文明社会を嫌い、素朴で原始的な社会を夢見て南国への憧れと熱望を抱きます。 そして1891年、当時フランスの植民地であった南国タヒチへと移住します。 しかし当時のタヒチはすでにゴーギャンが求めていた“楽園”ではありませんでした。 「ここは依然としてヨーロッパだ。私が逃げ出してきたはずのものが、植民地の俗物根性によってさらに悪くなってここにある」と書いています。 ゴーギャンはそんなタヒチの首都・パペーテを避け、まだ素朴な暮らしが残る農村地帯のマタイエアに移り住み、そこで彼の望んでいた平和と一緒に住む娘を見つけます。 そこは昔ながらの自給自足の家族共同体であり、都会から来たゴーギャンは魚を捕るすべも、畑を耕すこともできず、結局はヨーロッパから輸入された高価な缶詰などに頼らざるを得ませんでした。そしてそれらを買う蓄えが尽きるとたちまち生活は困窮し、フランスに帰らざるを得なくなったのです。 1893年ゴーギャンは現地総督にフランスへの送還を願い出ます。. 屈辱的な帰還でしたが、その時持ち帰った作品がパリの有力な画商ポール・デュラン=リュエルの目に留まり、1894年11月展覧会を開くことができました。その時は幾つかの作品が高値で売れ、またオルレアンの伯父が亡くって、その遺産を受け継いだことで経済的に余裕ができます。 パリに戻ったゴーギャンは、画家が集まるモンパルナスの外れにアパルトマンを借り、ジャワの娘で「輝く目を持った素晴らしい混血児」と言われたアンナことアン・マルタン(↓)と暮らし始めます。 そんなある時、ポン・タヴァン近くのコンカルノーで、水夫たちが彼女を嘲笑したことに怒ったゴーギャンは、彼らと喧嘩をして足首を骨折してしまいました。ゴーギャンは療養のためブルターニュにとどまり、アンナだけパリに戻ることになりました。しかしその間にアンナはゴーギャンのアトリエを荒らし逃げてしまったのです。. ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin/)は、フランスのポスト印象派の最も重要かつ独創的な画家の一人。「ゴーガン」とも表記・発音される。 右画像は1893年の自画像(オルセー美術館)。 航海士として海外へ. — 祥@忠. See full list on artscape. ポール・ゴーガンは、1848年にパリに生まれた。父クローヴィス・ゴーガンは共産主義のジャーナリスト、母アリーヌは女性社会運動家フローラ・トリスタンの娘だった。ゴーガンの1歳上に姉のマリーがいる。パリに起こった二月革命の弾圧から逃れるため、ゴーガンが1歳のときに、一家はアリーヌの大叔父トリスタン・デ・モスコソが副王に就くペルーのリマに赴く。その船上で38歳の父が急逝したが、家族はリマで歓待され6年間過ごした。 1855年ゴーガン7歳のとき、ペルーで市民戦争が起き、父方の祖父の死去もあり、一家はペルーからフランスへ帰国する。ゴーガンは、パリの南西116kmにあるオルレアンのカトリックの寄宿学校に入学。スペイン語は話せたがフランス語は上手に話せず、母国に戻っても異国を感じ、周囲に馴染めなかった。 17歳で商船の見習い水夫となり、南米リオデジャネイロへ向かう。世界を航海したが、航行中に母が42歳で亡くなる。母の遺書に後見人として記されていた資産家で美術品コレクターのギュスターヴ・アローザの仲介で、ベルタン商会で株式仲買人として働き始めた。1873年25歳になったゴーガンは、デンマーク人のメット・ソフィー・ガットと結婚、翌年には長男エミールが生まれ、その後ゴーガンは4男1女の父となった。職場の同僚シュフネッケルの勧めで画塾に通い始め、この頃印象派のカミーユ・ピサロ()と出会う。 1879年には第四回印象派展に初めて出品。フランスを襲った金融恐慌を契機に、1883年画家になる決意をする。翌年妻メットは子どもたちとコペンハーゲンの実家に戻り、ゴーガンもその年末に妻のもとへ身を寄せ、半年ほど共に暮らす。 「絵画がつまずきの石であり、それこそが、私を踏みとどまらせる」とピサロに手紙を書き、妻宛ての手紙に「インディアンと感じやすい人間、私のなかに二つの性質がある」と記している。リマからパリへ、水夫から株式仲買人と変遷を経て、対立する思想の原型を内在させた画家として歩み出した。.

一見ゴーギャンの作品ではないかと思ってしまうほど、その影響が顕著に現れているのです。 このようにゴッホはゴーギャンから画法を学ぼうとしましたが、同時に、ゴーギャンの絵についても自分なりの意見を述べるようになっていました。. (出典:Wikimedia Commons) 観念を象徴的に表現する「総合主義」を表す代表作品です。『旧約聖書』「創世記」に登場する「天使とヤコブの闘い」の説教を聞いた農婦たちが、その場面を幻視する様子が描かれます。現実と非現実の二つの世界の融合をテーマとして、新しい手法の絵画を創始しました。. 74 メートル以上 ある巨大な作品です! 左上にはフランス語で「 D’où Venons ゴーギャン Nous Que Sommes Nous Où Allons Nous 」とタイトルが書いてあります。.

ポール・ゴーギャン《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》年 1. 44550円 額縁A プリハード ホビー アート・美術品・骨董品・民芸品 絵画 その他 ポール・ゴーギャン M20A号 8205 ポール・ゴーギャン ポール・ゴーギャンの複製画です。 【メーカー直送のため代引き不可・同梱不可】 白い馬 8205 プリハード ポール・ゴーギャンの複製画です。 額縁A M20A号 白い馬. 『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』(1897年). ]しかし私はどこからきたのか。どういうふうにしてきたのか、どこへ行くのか。その答えは、われわれの身辺のいたる所に転がっている。それは、千姿万態を有し、さまざまな声調をもって現われながら、しかも調和のとれている大自然の中に、あらゆる色彩と動きをもって書かれ、あらゆる歓喜と悲泣の調子で発声されている」(トマス・カ.

六人部氏は、《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》について「ゴーガンは、パリ万博で見たペルーの膝を抱えて座るミイラに着想を得て、大作の画面左下にくすんだ灰褐色の肌をした老婆を描き、孤独と絶望感を表わした。またその隣の奇妙な白い鳥は虚ろな言葉を表わし、すべてを言葉で説明しようとする無用性を示している。ゴーガンは若い女性と白い鳥が描かれた《ヴァイルマティ》(1897、オルセー美術館蔵)と、2人の女性を寒色と暖色で描き分けた《生と死》(1889、ムハンマド・マハムード・カリール夫妻美術館蔵)を引用し、老婆と若い女性を合成したと考えられる。このほかにも、この畢生の大作にはゴーガンが咀嚼し、反芻してきたさまざまなモチーフが用いられている。タイトルにもなっているゴーガンの問いについては、《デ・ハーンの肖像》に描かれている2冊の本『失楽園』と『衣服哲学』が関係していると思っている。ジョン・ミルトンの『失楽園』では、神に反逆するサタンが、地獄に堕ちた天使だったことにゴーガンは「背信の天使」という二面性を自らの姿に重ねたかもしれない。またトマス・カーライルの『衣服哲学』は、近代の物質文明に対する疑問を呈していた文学における早い例であり、ゴーガンの問題意識と同じ方向性だ。画家デ・ハーンはすごい読書家だったので、ゴーガンはデ・ハーンから本を貸してもらい読んだ可能性がある。『衣服哲学』のなかに出てくる苦難に立ち向かう主人公が、未知の国を行く放浪者であり、主人公は“私は誰であるのか”と自らに問いかけている。次の『衣服哲学』の文章が注目される」と語った。 「思索型の人々にとっては、驚異と不安を感じながら、私は誰であるのか、“私”と呼ぶものの本質は如何、というあの解答不能な質問を自らに向かって発する時間、瞑想的な、甘美な、しかも厳粛な時節が、いずれやってくる。[. ゴーギャンは、パリで画家仲間からも孤立し、またタヒチへの思いが捨てきれず1895年7月再びタヒチへと向かいます。 そして以降は再びフランスに戻ることはありませんでした。 タヒチへ渡った最初の頃は、絵より彫刻に専念していたようです。 しばらくは首都パペーテの近くで暮らします。この時は絵も売れ、友人や支持者に支えられ生活は安定していました。またこの時期ゴーギャンは、植民地社会とそれがタヒチ人へ及ぼす影響に嫌気がさして地元の新聞に辛辣な批判記事を投稿しています。 今回のタヒチ滞在は、ゴーギャンの芸術にとって大変重要な時期ではりましたが、健康状態は次第に悪化して入退院を繰り返しています。また生活は苦しくなり、絶望的に貧しく悲惨なものになっていきます。 梅毒に侵されますが、病院に通院することもままならない状態でした。 1897年には自らが集大成とする『我々は何者か?~』を制作した後、服毒自殺を図りますが失敗に終わります。 その後ようやくパリで作品が売れはじめ金が届くようになります。そのおかげで絵の制作に打ち込むことができるようになり1901年タヒチを去って、1300キロも離れたマルキーズ諸島のアツオナ村に移住しました。そこでゴーギャンは「快楽の家」と名付けた住居を建てて住み着きます。 一方で植民地行政府やカトリック教会への強烈な批判をしたために「名誉棄損」で3か月の禁固刑を宣告されますが、ゴーギャンはそれに従わず上告します。しかし1903年5月8日その上告の結果を聞く前に、ヒヴァ・オア島で看取るものもなく孤独のうちに亡くなりました。享年54歳。 ゴーギャンの死因については詳しいことは分かっていませんが、心臓発作や肝炎、梅毒など諸説あります。どちらにしても長年の栄養失調などで体は随分と弱っていたことは想像に難くありません。 【ゴーギャンに関するその他のお勧め記事】 ・『南国タヒチに楽園を夢見た画家』ポール・ゴーギャンの人生と画風を解説します。 ・『後期印象派の画家』ポール・ゴーギャンの代表作を解説します!. 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」。人生のなかで時々ふっと思い出すこの問いに少し胸騒ぎはするが、時の流れのなかに自己を置いて眺める呪文のように、ほっとする人間もいるのではないだろうか。ポール・ゴーガンの絵画作品《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》(ボストン美術館蔵)である。この大作にゴーガンはなぜ、祈りにも似たタイトルをつけたのか。作品を探求してみたいと思った。ゴーガンはゴーギャンとも表記されることが多いが、フランス語の発音に近いゴーガンとしたい。 幻想的な深さを湛えた青緑色が支配する画面に、オレンジ系の肌色をしたさまざまな形の人物を点在させ、猫や犬、鳥や山羊、うねる木々や山などは演劇の舞台のように配置し、天空と大地をつなぐ人物と偶像は、正面を向き直立して呼応する。熱帯の島の森から荘厳な音楽が聴こえてくる。生命あるものは時を生き、時は終わりを告げる。 フランス人のゴーガンは、タヒチ島でこの絵を描いたという。ハワイ群島の南方、南太平洋フランス領ポリネシアに属するソシエテ諸島にあるタヒチ島は、面積1,045km2で沖縄本島(1,206km2)よりも少し小さい。ゴーガンにとってタヒチは楽園だったのだろうか。 フランスのモダンアート史が専門で、ゴーガンについても書かれている『二十世紀美術におけるプリミティヴィズム』(共訳、淡交社、1995)の翻訳者であり、『もっと知りたい ゴーギャン 生涯と作品』(東京美術、)の著者でもある、実践女子大学教授の六人部(むとべ)昭典氏(以下、六人部氏)に、《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》の見方を伺いたいと思った。東京・渋谷の実践女子大学へ向かった。 六人部昭典氏. (出典:Wikimedia Commons User:Rlbberlin) この作品は、ゴーギャンが死を決意して描いた大作で、作品の完成後に自殺を試みますが、未遂に終わります。ゴーギャンはこの絵の構想をずっと考えていて、死ぬ前に描こうと思ったと語っています。 「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」という問いは、ゴーギャンの芸術を貫くテーマでした。 右端に赤ん坊が、中央には知恵の木の実を採るイブ、左端に死が近い老婆が描かれています。. 1886年コペンハーゲンを去ったゴーガンは、フランスの北西部ブルターニュ地方ポン=タヴェン村に向かい、さまざまな国の画家たちと交友し制作に励んだ。プリミティブな粗い造形に惹かれ、陶作品と木彫レリーフも制作している。この村はケルト文化の伝統に根差した素朴な営みが続く、フランスの中の異国とも言える地域だった。 1887年、姉マリーが暮らすパナマへ出航し、カリブ海に浮かぶフランス領土の小島・マルティニック島に落ち着いた。熱帯という異国の地で風景画《熱帯の植物》(1887、スコットランド国立美術館蔵)などを描いた。 40歳となったゴーガンは、再びブルターニュ地方のポン=タヴェンに向かった。そして、同僚であったシュフネッケルにこう書き送る。「私はブルターニュが好きだ。私はここに野性を、原始を見出す。木靴が花崗岩の大地に音を立てるとき、私は、絵画の中に探し求めている鈍い、こもった、力強い響きを聴く」(六人部昭典『花美術館』Vol. たとえば、 マネ名画オランピアのゴーギャン版 The Spirit of the Dead Keeps Watch 1892.

]私は誰であるか、この〈私〉はなんであるか。声であるか、動きであるか、ひとつの現象であるか。[. ゴーガンは、フィンセント・ファン・ゴッホ()の誘いで、1888年10月下旬アルルへ向かった。ゴッホは、ゴーガンをリーダーとする画家の共同体をつくろうと考えた。しかし、ゴーガンはゴッホの弟テオがパリの画商であり、経済的援助も視野にあったようだ。「黄色い家」での2人の共同生活は、目に見ないものを描くゴーガンと、目に見えるものを描くゴッホの絵画に対する考え方がまったく異なったため、2人の生活にいさかいが起こり12月23日の夜に限界に達し、2カ月で終焉した。パリに去ったゴーガン。 1889年フランス革命百周年を記念するパリ万博が開催され、近代技術や世界の珍しい文物をゴーガンは実見した。「印象主義者と総合主義者のグループによる絵画展」をゴーガンは万博に合わせて開催したが、期待した成果は得られなかった。失意のなかポン=タヴェンへ戻り、画家のメイエル・デ・ハーン()ら数人と近くのル・プルデュに移る。《デ・ハーンの肖像》(1889、ニューヨーク近代美術館蔵)を制作し、共同生活の食堂の扉を飾った。そこには詩人ジョン・ミルトンの『失楽園』と、文学者トマス・カーライルの『衣服哲学』の本が描かれていた。 43歳になったゴーガンは、野性と原始のなかに新たな芸術を求めて、1891年4月にマルセイユからタヒチへ出航した。タヒチは植民地としてフランス的になり、昔の姿は消えていた。それでも《海辺(ファタタ・テ・ミティ)》(1892、ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)や《かぐわしき大地(テ・ナヴェ・ナヴェ・フェヌア)》(1892、大原美術館蔵)など、2年間で油彩画40点以上を制作した。 19世紀ヨーロッパでは異国に対する関心と、列強による植民地化を背景とした宗主(そうしゅ)国と植民地という力関係も加わっていた。ゴーガンは、フランスの美術局長から無報酬の政府派遣芸術特使という肩書を得て渡航し、現地女性テハマナと同棲する。 1893年タヒチを出てフランスに帰国したゴーガンは、パリで個展を開くが期待どおりにはいかなかった。失望したがタヒチの思い出を『ノア・ノア』(タヒチ語で「かぐわしい香り」)と題した本にまとめようと計画。そして1895年再びタヒチへ向かう。 1897年長女アリーヌの死を知り衝撃を受けた。目の感染病、足の傷の合併症、湿疹、梅毒を患い、孤独のなかで. )また、ゴーギャンは 日本の 浮世絵 の影響も強く受けているようですョ。 1892年、『かぐわしき大地』と同じ頃に、少女テフラをモデルとして描かれた作品が他にもあります。. ポール・ゴーギャンの作品一覧年 タヒチ1期 画像制作年代作品名作品詳細所在地国1891花と女(ヴァヒネ・ノ・テ・ティアレ)油彩70 x 46ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館 コペンハーゲン&160;. 1870年代後半、ゴーギャンは当時まだアマチュア画家でありながら、印象派のグループ展にも出品するなど、この時期彼らと行動を共にしています。 この頃はゴーギャンの描く絵はよく売れ、数々の賞を受けるまでになりました。 そんな中、1882年の株式市場の暴落が彼の画家への本格的な転身を決意させました。 絵で家族を養えると確信したゴーギャンは、1883年証券仲介会社を退職します。 しかし株式市場の不況の影響は、絵画市場にも波及し、作品が一気に売れなくなってしまいました。そのためそれまでの蓄えはすぐに底をついてしまいます。 一時ゴーギャン一家は、生活費を抑えようとパリからルーアンに移ります。 1884年には生活が困窮し、妻の実家があるデンマークのコペンハーゲンに移住します。 ゴーギャンはそこで営業の仕事をしますが、言葉の壁もあって上手くいきませんでした。 しかしそのような状況でもゴーギャンはますます絵画制作に打ち込みます。 1885年ゴーギャンは、コペンハーゲンに家族を残し、6歳の息子クローヴィスだけを連れてパリに戻ります。しかし生活はさらに困窮を極め、栄養失調からクローヴィスは天然痘に罹ります。なんとか回復した息子は妻のメットが引き取り、安い住居を見つけるためと、当時画家仲間が集まっていたブルターニュ地方ポン・タヴァンに移りました。 そこでエミール・ベルナールらと出会います。 しかしここでも思うような結果が出ず、パリに戻りますが食べることにも事欠いた状況で、餓死寸前の状態まで追い込まれます。 「パリは貧しい男にとっては砂漠だ。私はエネルギーを取り戻す必要がある。現地人のような生活をしにパナマへ行こう」そう決意したゴーギャンは、何とか運賃をかき集めて1887年パナマへ渡ります。そこで当時建設中だったパナマ運河の建設現場で働きました。 しかし数週間で熱病に罹ってパナマを諦め、フランス領西インド諸島のマルティニック島へと渡ります。ここでも熱病と貧困に苦しみながらも制作をしています。この時に描いた作品が、パリに戻った際にヴァン・ゴッホの弟で画商をしていたテオの目に留まり、彼の勤めるグーピル商会で展示されたことから兄のヴァン・ゴッホとも知り合い親交を結ぶことになります。 結局ゴーギャンはフランスへ帰国、ブルターニュへ戻ります。.

ポール・ゴーギャンは、1848年、二月革命の年にパリに生まれた。 父クローヴィス・ゴーギャンは、共和系のジャーナリストであった。 母アリーヌ・マリア・シャザルの母(祖母)は、初期社会主義の主唱者でペルー人の父を持つフローラ・トリスタン. 映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』. ゴーギャンの名画の多くは タヒチが素材となっています。 Two Tahitian Women With Mango Flowers 1899. ゴーギャンの解説。1848~1903フランスの画家。大胆な装飾的構図・色彩を特色とし、晩年はタヒチ島に渡り、現地の人々を描いた。著「ノア‐ノア」など。ゴーガン。→後期印象派 - goo人名事典は15万件以上の人物データを収録しています。. ゴーギャンの部屋がゴッホの部屋を通らないと外に出られない仕様. See full list on biz. ポール・ゴーギャン:ラグジュアリークラス | キャビンや船内施設、ツアー情報をご紹介。jtbのクルーズサイト。国内旅行から世界一周旅行まで。.

. 姓はフランス語の発音に近い「 ゴーガン 」とも表記され、近年の美術展覧会などではこちらを採用する例も多い。. ゴーギャンはこの作品に似たもう一枚の絵を1892年に創作しているが、その作品はドレスデンのギャレリーノイエマイスターにて保管されている。 1891年はゴーギャンが初めてタヒチ島に向かった年である。�. ポール・ゴーギャンの名言・格言 gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。 保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。.

ポール・ゴーギャン(1848年 – 1903年)は、フランスのポスト印象派の代表的な画家である。彼の実験的な大胆な色使いと、主題に内在的な意味合いを含ませる表現は、現代アートの綜合主義を先導し、クロワゾニズムの影響もあり、よりプリミティブな方向へと原点回帰していった。. More ゴーギャン images. ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin) 1848年フランス生まれ、後期印象派であるポール・ゴーギャン。35歳から画家として生き始めた遅咲きの画家。1891年フランスでの暗い生活を捨てて、暖かい南国の楽園タヒチへ憧れて移住した。.

. ポール・ゴーギャンは、1848年、二月革命の年にパリに生まれた。父クローヴィス・ゴーギャンは、共和主義者のジャーナリストであり母アリーヌ・マリア・シャザルの母(祖母)は、初期社会主義の主唱者でペルー人の父を持つフローラ・トリスタンであっ. ポール・ゴーギャンは、1848年6月7日パリで生まれました。 父は共和主義のジャーナリストであったクローヴィス、母アリーヌは、ペルー生まれの女権拡張論者で社会主義者のフローラ・トリスタンの娘で、ともに急進的な考えの両親のもとに生まれました。 この年フランスでは、ルイ・ナポレオンが権力を握り、政敵が次々と姿を消そうとしていた時期。共和主義者だったゴーギャンの父クローヴィスも職を失い、また迫害を恐れて妻の親類を頼って一家でペルーのリマに亡命しました。 しかし1849年ペルーに向けての船旅の途上、父クローヴィスは心臓発作を起こして死亡してしまいます。そして母のアリーヌと妹のマリーと共に母の大伯父の庇護のもとで6年間を過ごしました。 その後フランスにいたゴーギャンの祖父が亡くなると、その遺産を受け継ぐために祖父の故郷であるオルレアンに戻ります。 オルレアンでは神学学校に通い、17歳の時に航海士となります。商船に乗って3年間働いたあと、1868年海軍に在籍、普仏戦争にも従軍しました。 1871年軍務から解放されると、海に出ている間に亡くなった母の遺言で、裕福な銀行家ギュスターヴ・アローザが後見人となり、アローザの紹介でパリの大手株式ブローカーに就職します。 仕事は順調で給料もよく、株式売買で有利な投機の機会にも恵まれたことで裕福な中産階級としての未来は保証されていました。 1873年 デンマーク人のメット・ソフィ・ガットと結婚。5人の子供に恵まれます。 この頃から余暇に絵を描き始め、次第にのめり込むようになります。 後見人のアローザは素晴らしい絵画コレクションを有しており、彼の家には著名な画家が出入りしていました。ここでゴーギャンは、印象派の画家たちと出会い、彼らの作品を購入するなど美術への情熱が盛り上がります。 74年には印象派の画家カミーユ・ピサロから絵の教えを受けますが、基本的には独学で絵を描き続けました。. 印象主義の筆触分割に異議を唱え、それへの反発としてポール・ゴーギャンと エミール・ベルナール が提唱し、生み出された描写理論≪クロワゾニスム(対象の質感、立体感、固有色などを否定し、輪郭線で囲んだ平坦な色面によって対象. 11)。 音に敏感だったゴーガンは素朴なブルターニュの魅力を語り、目に見える素朴さではなく、目に見えない内面の素朴さを描いた《説教の後の幻影(ヤコブと天使の闘い)》(1888、スコットランド国立美術館蔵)を誕生させた。印象派を乗り越えた平坦な色面、輪郭線が強調された単純な形態、大胆な構図は、日本の浮世絵(ジャポニスム)や、また、画家エミール・ベルナール()のステンドグラスにインスピレーションを得たクロワゾニスム★1絵画から学んだものと考えられ、ゴーガンは「総合主義」と名づけた。それは、様式の面で共通した特徴を認めるのは難しいが、形態と色彩の総合であるとともに、目に見える世界と、目に見えない世界の総合でもあった。1880年代後半に台頭した神秘や観念など、内的な世界を表現した象徴主義★2のなかに位置づけられる。 ★1──モチーフを単純化し、太い暗色の輪郭線で濃淡のない平らな色面を囲う絵画表現手法。 ★2──1880年代の後半にフランスで起こった詩、文学、音楽、絵画など広範囲に及ぶ反写実主義的な運動。背後には実利的な価値観のもとでの芸術の卑俗化に対する懸念 がある。. サマセット・モームは、ゴーギャンをモデルとした小説『月と六ペンス』を1919年に出版しました。絵を描かなければならないという衝動に突き動かされ、安定した生活を捨ててタヒチに向かった人物の謎に迫る作品です。 実際のゴーギャンの人生とは異なる部分が多くありますが、ゴーギャンという画家の魂の謎に小説を通して触れることができます。.

ゴーギャン

email: kowuly@gmail.com - phone:(670) 627-6238 x 2234

特捜9 season2 - ディフェンスレス

-> チャンピオン伝説 史上最強のボクサー 9
-> 桃色ヌーディティ

ゴーギャン - 若手映画作家育成プロジェクト ndjc


Sitemap 1

劇場スジナシ2015春 in 赤坂BLITZ 第一夜 佐藤浩市 - Angel Kiss